スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | - | - |

iTMS を開いたら...

何気なく iTMS を開いたら、こんな画面が。



iTunes 携帯なんか持ってるはずも無く、キャンセルしましたが、こんな画面が出たのって自分だけ?

iTunes 6.0.3

Apple から、iTunes 6.0.3 が配布されていました。
「iTunes 6」では、iTunes Music Store にある 2,000 以上のミュージックビデオと人気テレビ番組を視聴、購入、およびダウンロードできます。購入した曲やビデオは、iPod と同期して持ち歩くことができます。購入したビデオを再生するには、QuickTime 7.0.3 以降と Mac OS X 10.3.9 以降が必要です。

「iTunes 6.0.3」では、「iTunes 6.0.2」に対して、安定性とパフォーマンスが改善されています。

注意:「iTunes 6」以降を使って iTunes Music Store から音楽を購入した場合、購入した音楽を、お使いのほかのコンピュータでも楽しむためには、それらも最新版の「iTunes」にアップグレードする必要があります。
さっそくアップデート。この前から気になっていた 6.0.2 での不具合を検証。

iTMS、10 億曲へのカウントダウンスタート

Apple が、iTunes Music Store(iTMS)で 10 億曲目を購入した人に、iMac 20 インチモデル、60 GB の iPod × 10 台、$10,000 の iTunes Music Card をプレゼントするカウントダウンキャンペーンをスタートしてました。

Apple - iTunes - Billion Songs Countdown

また、9 億 5,010 万曲目から 10 万曲ごとのキリ番を獲得した人に、iPod nano 4 GB モデル(ブラック)と $100 の iTunes Music Card がプレゼントされます。

ようやく、日本も参加できる iTMS のカウントダウンキャンペーンが始まりました。
ということで、目指せ 10 億曲目!

(追記 @2006.2.11)
アップルジャパンからも、10 億曲カウントダウンに関するページが公開されていました。

Apple - iTunes - 10億曲ダウンロード・プロモーション

iTunes の MiniStore、同意を求める仕様に変更

iTunes 6.0.2 の MiniStore を表示させようとしたところ、このような同意を求める画面が表示されました。



この前のプライバシー侵害騒動を受けてのことでしょうね。

もちろん最初からやってほしかったですが、思ったより早い対応でしたね。
Apple には今後こういったことは気をつけてほしいです。

iTunes 6.0.2 の不具合?

またまた iTunes ネタです…。

さっき、iTunes 6.0.2 でスマートプレイリストを作ろうとしたところ、マイレートの設定のところにバグを発見。

具体的には、編集画面でマイレートを選んでレートをつけるところ。



・レート 1 を選択:レート 2 になる
・レート 2 を選択:レート 4 になる
・レート 3・4 を選択:レート 5 になる

こんな感じになって、レート 1 と 3 が設定できなくなってしまいます。
しかも、レート 3・4 に設定しようとしてレート 5 になった後、プレイリストにはレート 5 のものは表示されません。

アップルの Discussion Boards にも同じ報告がありました。

それから、追加日を指定するところにもおかしい所が。
[追加日が][05/12/01][以後]などと指定すると、ビープ音が鳴ってプレイリストには何も表示されないのです。

そんなに大きな問題ではないけど、なんか気持ち悪いなぁ。
他にもバグがありそうな感じもするし。
iTunes 6.0.1 に戻す事も考えなきゃいけないかなぁと思ってます。

iTunes にプライバシー侵害の懸念?

iTunes 6.0.2 から新たに加わった MiniStore を利用する場合、アーティスト名や曲名などの情報と、iTunes アカウント ID とその関連データが Apple へ送信されることが判明し、一部でプライバシーの侵害に当たるのではないかと非難を受けているそうです。

iTunesの新バージョンにプライバシー侵害の懸念(CNET Japan)

iTMS での購入にクレジットカードを使っている場合などは少し気になるかもしれません(私は iTunes Music Card ですが)。
たしかに iTunes のアカウント ID などを送信する必要性があるのかどうかは疑問ですね。

でも、そんなに大騒ぎするほどの問題でもないでしょう。
あとは Apple に、インストール直後の起動時なんかに MiniStore を使ってデータが Apple に送信されることをユーザに伝えて、同意する / しないの選択をできるようにしてもらえれば。

気になる人は、MiniStore を隠しましょう。データは送信されないそうですので。

まあ個人的には MiniStore はかなり便利で、逆に iTMS で買いすぎてしまうのではないかという不安がありますが。

それにしても、CNET はこういう記事にはすぐ飛びつきますね。
まあ、いつものことだけど…。

[関連エントリー]
iTunes 6.0.2

iTunes 6.0.2 でビデオを iPod 向けに変換

この前の記事で、iTunes 6.0.2 から MiniStore というものが追加されたとお伝えしましたが、まだ他にもあったようです。

Neverクリニッキ ver.SyncStyle さんの所で知ったのですが、iTunes 6.0.2 になって、ビデオを iPod 向けに変換することが出来るようになりました。

[詳細]メニューの[選択項目を iPod 用に変換]を選択するだけです。
QuickTime Pro を持っていなくても変換できます。
ビデオ iPod を持っている方は、こちらの方法を使うと簡単に変換できますね。
私にはまだ使う場面がありませんが…。



それから、ビデオの情報で[ビデオの種類]という項目の中に[テレビ番組]が追加されたようです。
というか、ビデオの種類なんていう項目があったことすら初めて知りましたよ…。
copyright © 2004-2005 sukechan all rights reserved.
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。