スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | - | - |

AirMac Extreme で無線 LAN 構築

自宅の回線を光に移行したので、この機会に無線 LAN を導入しようと、AirMac Extreme を購入して無線 LAN を構築しました。

ベースステーションは AirMac Extreme にしたのですが、私が持っている PowerBook G4 は AirMac Extreme に対応しておらず、また AirMac カードも入っていません。
そこで今回、純正の AirMac カードの代わりとして、PowerBook の PC カードスロットに差す製品を探し、その中で Mac 対応をうたっている Sonnet の Aria extreme を購入しました。

Aria extreme は、PowerBook G3 と、AirMac Extreme がプリインストールされていない PowerBook G4 に対応していて、特別なドライバを必要とせず、PC カードスロットに差すだけで動作する点が○。
そして、旧 AirMac カードでは対応していない 802.11g にも対応。

さっそく設定を済ませ、無線での速度を計測してみたところ、ベースステーションの近くでは 10 Mbps 前後、少し離れた所で 5 Mbps 前後の速度でした。直接 LAN ケーブルでの接続で 25 Mbps ぐらいだったので、無線だとこのぐらいが妥当でしょうか。
以下、今回の AirMac Extreme と Aria extreme の設定についてのメモ。
ちなみに接続形態は、ONU ⇔ CTU ⇔ AirMac Extreme ))) Mac です。

【AirMac Extreme のセットアップ】
まず、AirMac Extreme の LAN 側ポートと Mac を LAN ケーブルで接続し、AirMac Extreme の電源を入れる。
アプリケーション/ユーティリティ/AirMac 設定アシスタントを起動して設定を行う。
1. "新しい AirMac ベースステーションを設定" を選択。
2. ベースステーションを検出したら、そのまま次へ。
3. ワイヤレスネットワーク名と AirMac Extreme の名前を入力。ワイヤレスネットワーク名に関しては、非公開のネットワークにする場合には、その際にこのネットワーク名の入力が必要になる。
4. セキュリティの設定は、ここでは "128 ビット WEP" を選択。下のワイヤレスネットワーク・パスワードで 13 文字のパスワードを入力する。
5. インターネットへの接続方法は、"静的 IP アドレスまたは DHCP を使用する" を選択。
6. インターネット設定では、TCP/IP の設定で "DHCP サーバを参照" を選択。その他の欄は空欄のままにしておく。
7. AirMac Extreme の管理用パスワードを入力。
8. "アップデート" ボタンをクリックすると、ベースステーションが再起動されるので、その後アシスタントを終了する。

【Aria extreme のセットアップ】
1. Mac をシャットダウンし、Aria extreme を PC カードスロットに接続する。
2. Mac を起動し、メニューエクストラに PC カードのアイコンが表示されていることを確認。
3. アプリケーション/インターネット接続を開き、AirMac が切になっている場合は入にする。

【セキュリティの設定】
AirMac 管理ユーティリティの設定画面→ AirMac タブ→ "非公開ネットワークを作成する" にチェックを入れることで、クライアントは接続時にネットワーク名の入力が必要となり、セキュリティを高めることができる。この設定を有効にした場合、いつも使用する Mac のデフォルト接続先として、このネットワーク名をあらかじめ登録しておく(システム環境設定→ネットワーク→ AirMac タブ)。
スポンサーサイト
コメント
このエントリーへのコメント
コメントしてください
URL :
コメント :
パスワード :
 
[コメントについて]
  • 名前は必須です。必ず入力してください。
  • パスワードは後で編集する際に使用します。
    編集しないという方は、空欄のままでも構いません。
  • このエントリーに関係ないコメントは適宜削除します。ご了承下さい。
  • blog 全体へのコメント等はメールフォームからどうぞ。
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
[トラックバックについて]
  • このエントリーに関係ないと思われるトラックバックは適宜削除します。ご了承下さい。
  • 重複トラックバックについては、特に削除依頼のコメント等は必要ありません。
このエントリーへのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/08/23 08:57 |
Apple Store(Japan)
copyright © 2004-2005 sukechan all rights reserved.
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。