スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | - | - |

iPod のビデオ再生機能は "おまけ"

ビデオ再生機能がついた新 iPod ですが、Apple としてはビデオ再生はあくまでも "おまけ" と考えているようです。
【レポート】Appleは音楽の成功をビデオで再現できるか? - Steve Jobs氏講演(MYCOM PC WEB)

ビデオ再生機能の追加が目玉のはずだが、Jobs氏はあくまでも音楽プレイヤーであることを強調し、「ボーナスとしてビデオ再生機能も利用できる」と説明していた。ビデオ再生に期待している人には肩すかし……である。
米 Apple の iPod 担当ディレクター、スタン・イング氏もこう言っています。
大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」

iPodは、ミュージックプレーヤーだとか、ビデオプレーヤーだとかいう前に、あくまでもiPodなのです。ただ、我々がまず前提としていることは、ミュージックプレーヤーとしての機能はしっかり搭載する。そこで、ビデオの機能をプラスαする。その点では、まず、最初に目標にしたのは、世界最高のミュージックプレーヤーとはなにか、という点であるのは明らかです。世界最高のミュージックプレーヤーとして、どうビデオの機能を搭載するか、ということを目標としました。
iPod はミュージックプレーヤーであり続ける、という強い信念が感じられますね。こうした信念が今の iPod 人気を支えている原動力なのかもしれません。
個人的にも、iPod はミュージックプレーヤーとして進化を続けてほしいなぁと思います。


今回、Apple が "iPod video" や "iPod movie" という名前ではなく、"iPod" として発表したのも、そういう意図なのでしょう。決して動画や写真がメインではないということを言いたかったのかもしれません。

もちろん、コンテンツやバッテリの持ちなどの面で、まだまだ誰でも身近に動画を持ち歩いて楽しむという状況にはないのは事実です。
でも、近い将来そういった課題が解決できる時が来たら、Apple は iPod とは違う製品、"世界最高のビデオプレーヤー" を目指すのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
このエントリーへのコメント
コメントしてください
URL :
コメント :
パスワード :
 
[コメントについて]
  • 名前は必須です。必ず入力してください。
  • パスワードは後で編集する際に使用します。
    編集しないという方は、空欄のままでも構いません。
  • このエントリーに関係ないコメントは適宜削除します。ご了承下さい。
  • blog 全体へのコメント等はメールフォームからどうぞ。
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
[トラックバックについて]
  • このエントリーに関係ないと思われるトラックバックは適宜削除します。ご了承下さい。
  • 重複トラックバックについては、特に削除依頼のコメント等は必要ありません。
このエントリーへのトラックバック
たしかに12日のスペシャルイベントを見てみると、>Jobs氏はあくまでも音楽プレイヤーであることを強調し、「ボーナスとしてビデオ再生機能も利用できる」と説明していた。のは事実です。新iPodのことを「Best Music Player」とやけに強調していたのもそうでした。
2005/10/16 22:30 | 「モノ」が好き!
Apple Store(Japan)
copyright © 2004-2005 sukechan all rights reserved.
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。