スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | 固定リンク | - | - |

ついに購入!一週間使い倒してみた iPod 記

Gadget Diaryさん経由で知りました。
ついに購入!一週間使い倒してみたiPod記(ZDNet Japan)

 次に、初心者の無知からなのだが、iBookにあった音楽データのうち、iPodに転送したものを削除。これでHDDの空き容量は軽く20GBオーバーとなった。HDDが空くというのは非常に精神衛生にもよいもので、仕事の効率もよくなるから不思議なものだ。

 ところが悲劇はここから始まった。その後新たに読み込んだ音楽ファイルがあったために、再び、iPodに転送をしようと考えた。iPodを接続し、iTunesの環境設定を見ていると、自動でアップデートするという項目があるではないか。これは、iBookのiTunesファイルとiPodのファイルを比較し、新たにiTunesに増えたファイルを自動的にiPod転送してくれるものだと勝手な解釈をし、チェックをオンにして、環境設定を閉じた。ところが、ふとiPodのライブラリを見ると、下に表示されるiPodの空き容量が17GB近くになっているではないか!

 つまり、iTunesのデータフォルダーはiPodとは別に必ず確保しておかなければならないということ。時すでに遅し──18GBを消去してしまったのだ!
iTunes のライブラリを持ち運ぶための iPod なわけですから、普通 iTunes から削除ってしないと思うんですが…。

それに、iPod の環境設定で、手動で管理にすれば iTunes に曲を残していなくても iPod に曲は残せるわけですから、"iTunes のデータは iPod とは別に必ず確保しておかなければならない" というのは嘘ですよね。

記事中に初心者だから…と書いてありますが、こういう記事を書く場合は、ちゃんと調べた上で書いてほしいなぁと思います。
スポンサーサイト
コメント
このエントリーへのコメント
コメントしてください
URL :
コメント :
パスワード :
 
[コメントについて]
  • 名前は必須です。必ず入力してください。
  • パスワードは後で編集する際に使用します。
    編集しないという方は、空欄のままでも構いません。
  • このエントリーに関係ないコメントは適宜削除します。ご了承下さい。
  • blog 全体へのコメント等はメールフォームからどうぞ。
トラックバック
このエントリーのトラックバックURL
[トラックバックについて]
  • このエントリーに関係ないと思われるトラックバックは適宜削除します。ご了承下さい。
  • 重複トラックバックについては、特に削除依頼のコメント等は必要ありません。
このエントリーへのトラックバック
Apple Store(Japan)
copyright © 2004-2005 sukechan all rights reserved.
Powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。